お茶やコーヒーのカフェインと便秘の関係性は?

便秘の辛さは、体験した人にしか分かりません。お腹に溜まったものを外に出せない苦しみは、長引けば長引くほど、生活の質さえ大きく落としてしまいます。そこで、昔から便秘解消に向けて、様々な方法が試みられてきました。お茶やコーヒーなどを飲んで、便秘を解消しようというのも、そのひとつです。しかし、便秘お茶を飲んで解消した人もいれば、逆に悪化したという人もいます。これは、いったいどういう原因によるものなのでしょうか。
お茶かコーヒーに含まれているカフェインは、世の中でもっともよく知られている成分のひとつであり、眠気覚ましなどの効能も、すっかりお馴染みとなりました。しかしそれ以外にも、多くの効果が秘められています。そのひとつが、胃腸の働きを活発化させるものです。もし胃腸が弱まっていて、便を押し出す力が足りないということであれば、お茶は便秘解消を助けてくれるものとなります。
ただし、胃腸の働きのうち、一つだけ例外があります。それは、大腸における蠕動運動と呼ばれるものです。これだけは、カフェインによって動きが抑制されてしまいます。弛緩性便秘という、大腸の蠕動運動の低下が原因となっているものには、お茶の摂取は逆効果となってしまうのです。また、水分不足が原因となる便秘のケースでは、お茶に含まれる利尿作用が問題となることもあります。
このように、便秘のケースによって、カフェインをとったあとの症状には変化が生じます。気になる場合は医師に相談するなどして、適切な対処を行っていくようにしましょう。