借金に時効は存在するのか?

友人や知人にお金を貸している場合、そのまま放置しておくと債権が消滅してしまう場合があります。これは債権が消滅時効成立によって消滅してしまうからです。つまり借金にも時効は存在しているということになります。

借金の時効については、民法によって規定されています。民法167条において『債権は10年間行使しないと消滅する』と規定されています。また商法第522条には『商行為によって生じた債権は5年行使しないと消滅する』と規定されています。

つまり、個人間における借金の場合には民法の規定が適用され、10年で時効が成立します。一方、法人からの借金(例えば消費者金融業者や銀行)の場合には5年で成立します。

何の条件もなくお金の貸し借りがあって10年または5年で債権(または債務)が消滅するのかというとそうではありません。その援用には様々な条件があります。例えば返済期日が契約で定められいる債権・債務の場合には、起算日は直近の借金返済の翌日となります。また、借金返済の期日を定めていない債権・債務の場合には、契約日翌日が起算日となるのです(借り入れ後1度も返済しない場合に限ります)。その間、『一度でも請求(裁判による請求もしくは内容証明による請求)が無い』・『債務の承認を行っていない(借金返済を行っていない)』・『差押えを受けていない』といった条件が付されることになるのです。

通常、消費者金融業者や銀行からの債務の場合にはこれらの条件が満たされることは殆どありません。しかし、個人間の借金の場合には、これらの条件が満たされてしまう可能性があります。つまり、借金を放置しておくことは債権消滅に繋がってしまうのです。
借金返済マイスター|債務整理にオススメな弁護士の選び方はこちら