大阪ですそわきがの治療や手術を行うときに知っておきたい情報

大阪ですそわきがに対して行われる治療は種類が豊富であるため、説明を聞いてどの治療を受けるか選択する必要があります。陰部のアポクリン汗腺を除去するために、5cm切開して行われる反転剪除手術は、体に負担がかかってしまいますが、確実性が高く再発してしまう可能性が少ない方法です。

アポクリン汗腺を除去する方法で、比較的負担が少ないのは吸引法で、切開は細い吸引管を入れるサイズで済みます。効果は医師の技術に左右され、きれいに取り除くことができず残ってしまった場合には、再びすそわきがになる可能性があります。

大阪では電気凝固法でアポクリン汗腺の機能を止めてしまったり、ボトックス注射で発汗を抑える方法も行われています。ボトックスはすぐに効果が実感できるものではなく、効きはじめるのは施術を受けて1週間程度経過してからで、作用が働くのも3ヶ月から6ヶ月程の間だけです。効き目がなくなったらまた注射する必要性があるので、簡易的に施術を受けたい人や、汗をかきやすい夏場だけすそわきがに対応したい人などに向いています。

大阪ですそわきがの最新治療として採用されているのは、高周波を照射する施術です。大きく切開する必要もなく、日本で開発された、わきがやすそわきがの治療専用の高周波治療器を導入しているクリニックもあります。施術は20分程度であり、アポクリン汗腺にピンポイントで高周波をあてることができるので、周辺組織に影響が少なくダウンタイムも短くて済みます。大阪のすべてのクリニックでわきがクリーム実施されているわけではないため、確認してから予約が必要です。